HOME> 新着情報の一覧> インターネットバンキングで「Internet Explorerは動作を停止しました」のエラーが発生する事象について

2017年03月06日

インターネットバンキングで「Internet Explorerは動作を停止しました」のエラーが発生する事象について

個人および法人インターネットバンキングサービス(以下、IB)で、下記の操作を行った場合に「Internet Explorerは動作を停止しました」のエラーが発生する場合があります。

 

•入出金明細照会(照会指定範囲のプルダウンによる選択)

•資金移動(資金移動指定日のプルダウンによる選択)(法人IB)

•振込(金融機関検索におけるプルダウンによる選択)(個人IB)

 

本事象が発生した場合、お客様のパソコンに「Amazon assistant」がインストールされているかどうかをご確認ください。

インストールされている場合は、下記の手順で「Amazon assistant」を停止していただき、その後インターネットバンキングをご利用下さいますよう宜しく願いいたします。

 

 

「Amazon assistant」の停止手順

1.Internet Explorer上に「Amazon assistant」のアイコンが表示されていることを確認します。

(「Amazon assistant」がインストールされており、有効となっている場合、Internet Explorer上に「Amazon assistant」のアイコンが表示される)

 

2.タスクバーで右クリックのうえ、 「タスクマネージャー」を起動します。

<Windows7の場合>

 

<Windows8.1、Windows10の場合>

 

3.タスクマネージャーの「サービス」タブより以下のボタンをクリックします。

<Windows7の場合>

「サービス」タブ⇒「サービス」をクリックします。

 

<Windows8.1、Windows10の場合>

「サービス」タブ⇒「サービス管理ツールを開く」をクリックします。

 

4.「Amazon Assistant Service」をダブルクリックします。

 

 

5.「Amazon Assistant Serviceのプロパティ」画面で以下のとおり操作して下さい。

①「スタートアップの種類」を「無効」に変更します。

②サービスの状態の「停止」を選択します。

③OKをクリック後、Internet Explorerを再起動し、再度取引をお試し下さい。

 

                     以 上